2012年05月05日

我が家の庭が花盛りです!

 先ず小人がやってきました
CIMG3964.JPG 

CIMG3963.JPG

CIMG3962.JPG

CIMG3941.JPG

CIMG3940.JPG

CIMG3939.JPG

CIMG3938.JPG

CIMG3931.JPG
火鉢が植木鉢に変わりました!
CIMG3967.JPG
白いツツジが7分咲き
CIMG3970.JPG
「グラバー邸のバラ」が今年も咲きました
CIMG3969.JPG
金木犀の新緑が見事です
CIMG3966.JPG
ピンクのツツジも7分咲きとなりました
CIMG3974.JPG
みかんの花がもう少しで咲きだします

これから赤いバラ、ピンクのバラが咲きだします。

今年は来年に向けて「つるバラ」を3種類新しく植えました。多分来年は見事に咲き乱れることでしょう。今から楽しみです黒ハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート

家庭倫理の会鴻巣市「おはよう倫理塾」で5月29日(火)am5:00から鴻巣市「富永会館」で
菅谷いみ子専任講師の話があります。

その時に私が実践報告をいたします。 是非お出かけください。

exclamation×2
IMG.jpg


posted by 宮内 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月23日

倫理は楽しい! 苦難は試練! 必ず試される!

家庭倫理鴻巣市おはよう倫理塾に皆勤が続く中、昨年末に365日を前に
ぎっくり腰で試された。

でも無事乗り越えた。

来月5月3日で500日達成が近づくと、今度は足首を痛めた。

何が原因か判らないけれど、とにかく歩行が大変!

でも、歩けないことはない。 あとは意志の強さである。

これも試されている唯一のチャンスと思えばこれまた楽しい。

次はどんな試練があるか、それが楽しみ!

なんて人生って楽しいんだろう!  Great!
posted by 宮内 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月15日

二つの詩が出来ました。 倫理の応援歌 鴻巣市常光の歌

倫理の応援歌(人生の応援歌)を作詞しました。

新ただ ひたすらに(縦書き).docx

鴻巣市常光を作詞しました。

常光・お祭りパラダイス2.docx

 
posted by 宮内 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

倫理とさくらと庭の相乗効果は?

倫理について考えてみました!

倫理法人会ってなんですか?
この質問にどう答えたらいいんだろうかって。

よく納得してもらってから入会していただくようにと言われるけれど、本当に納得して入会する方は沢山いるのだろうか。

私自身解らないままに入会した部類だが、確かなことは入会してよかったと思うこと。

では、その良かったことを伝えればいいのだが・・・。

結論から言えば「経営者のわがまま」を取り去る会かな?

会社において、わがままな自分勝手な自分がいる・・・でも当然だと思っている
家庭においても、わがままな自分勝手な自分がいる・・・でも当然だと思っている
自分自身においても、わがままな自分勝手な自分がいる・・・でも当然だと思っている

自然現象においても
朝になれば日が昇る・・・当たり前
春になれば桜が咲く・・・当たり前
のどが渇けば水が飲める・当たり前

雨が降れば・・・晴れた日が欲しいと言う
風が吹けば・・・穏やかな日が欲しいと言う
寒い日は・・・・暖かい日が欲しいと言う
暑い日は・・・・涼しい日が拉いと言う

大切なものは感謝の心だろうね。

挨拶をしなくても・・・暮らして行ける
後片付けをしなくても・・・暮らして行ける
掃除をしなくても・・・・・暮らして行ける

でも、挨拶をされればいい気持になりませんか?
でも、きちんと整理されたところは気持ちよくありませんか?
でも、汚れているよりきれいな方が気持ちよくありませんか?

だったらやらないよりはやった方がいいよね。

よりこころ豊かに暮らすために、少しだけわがままを取ってみませんか?

自分自身の「わがまま」を取る、誰にでもできる方法を学ぶことかな?

自分の「わがまま」を取ると、自分が変わる。

自分が変われば見方が変わる。 捕えかたが変わる。 そして 周囲が変わる。

「経営者としてのわがまま」を取り去るとき、自分が変わる。そして、周囲が変わるのかもしれない。

そうすれば、そこに幸せな家庭、会社を築く基があるのかもしれない。

ならば、納得して入会してみようということになるのかもしれない・・・。

十人十色、決してそう簡単にいかないところに面白味があるのでしょう。

私の独り言でした。

今年のさくらは今まで以上に見事でした

ツアーで東京のさくらを鑑賞してきました。

CIMG3846.JPG
東京タワーとさくら(2012.4.7)
CIMG3849.JPG
芝増上寺とさくら
CIMG3850.JPG

DSC_0003.JPG

庭が最終段階に入りました1
CIMG3904.JPG
小人も雰囲気をつくってくれました。
CIMG3902.JPG
小人も雰囲気をつくってくれました2




posted by 宮内 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月01日

福島県の方々と交流を図りました。 「こころは一つ」の歌が大好評でした。

3月31日(土)山梨県北杜市ヴィンテージゴルフ倶楽部で地元のロータリークラブとのコラボが行われ、雨の中ヴィンテージカー車(セダン)車(セダン)の集結、東日本大震災復興応援歌(作詩宮内たけし、作・編曲平川樹竜城)と福島県の被災された方々約200名をお招きして楽しいひと時を過ごしました。

本当に「こころが一つ」になった瞬間でしたるんるんるんるんるんるん

CIMG3744.JPG
舞台となったヴィンテージゴルフ倶楽部
CIMG3766.JPG
宮内たけしが歌唱指導
CIMG3765.JPG
みんなで歌いました
CIMG3824.JPG
楽しかった交流を終えて笑顔で撮影、作曲家の平川先生も一緒に!
CIMG3782.JPG
上田桂司先生の演奏に子供たちも集まってきました

当日参加されたヴィンテージカーの一部を紹介しましょう。

雨雨雨雨の中、中にはオープンカーもありびっくりexclamation×2
CIMG3786.JPG

CIMG3807.JPG

CIMG3789.JPG

CIMG3819.JPG

CIMG3814.JPG

CIMG3816.JPG

沢山の参加者が地元の方との交流を深め、ヴィンテージカーとの出会いに感動して帰りました。

私もみんなのお役にたてて本当に良かった。作詞の思いが人々の心に生きる勇気を与えることが出来たこと、共に笑顔で明日に向かって誓い合鵜ことが出来たことの意義に感無量でした。

これもヴィンテージの江尻常務と過去の出会いが心を結ンだことかもしれません。、関係者の方々の思いが一つになり、それに微力ながら協力ができたことに、只々感謝です。

家内も同行し、久しぶりに感動を共にしました。 人生頑張うexclamation×2

もう一度「こころは一つ」の歌るんるんるんるんるんるんをお聴き下さい。



こころは一つ.docx



 
posted by 宮内 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月28日

ジャンボハンバーグを作りました!

大きなジャンボハンバーグです。

1332871254021.jpg
220度のプレートに乗せたところ
DSC_0005.JPG
特製のたれをかけて160度で6分〜8分(大きさによって異なります)蒸します。
1332870254417.jpg
完成したジャンボハンバーグexclamation×2

直径16〜17p、厚さ4p〜5p それでもきれいに焼き上がります。

レシピー?

材料 合挽き肉     300〜400g
   玉ねぎ          1/2個
   人参            30g
   卵              1個
  
  A パン粉         1カップ
    塩、こしょう、ナツメグ   適宜
  
  B トマトケチャップ    1カップ
    ウースターソース   1/4カップ
    みりん        1/4カップ
    しょうゆ        小さじ1
    砂糖          大さじ1
    こしょう、ナツメグ     適宜
    おろし玉ねぎ      1/4個分 

作り方?   
    1.玉ねぎ、人参は、みじん切りにする。
    2.合挽き肉と溶き卵、1とAを滑らかになるまでこねて、一つにまとめる。
    3.プレートの温度を220℃にセットし、2のハンバーグを焼く。
      焼き色がついたら、ひっくり返して蓋をし、温度を160℃、調理時間2分とする。
    4.Bの玉ねぎをすりおろし、Bの他の材料と混ぜる。
    5.時間がきたら、蓋を開け4を一度に流し入れ、再び蓋をして6分〜8分蒸し焼きする。
    6.以上で完成。  ソースをからめながら食べるといい。
      ◆合挽き肉は比較的脂の少ないものを使う。
posted by 宮内 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月26日

頑張ろう日本応援歌「こころは一つ」を自分で吹き込んでみました。

3月31日に山梨県ヴィンテージゴルフ倶楽部で歌唱指導します。



一人でも多くの方の心の支えになってくれたら、こんなにうれしいことはありません。

このような歌唱指導のチャンスをいただいたことに感謝いたしまするんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
posted by 宮内 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

庭が変わりました1

小さな庭も、こんなに変わりました。
DSC_0034.JPG

と言っても、以前の状況がわからないと、変わりようがわかりませんよね。

ただ、暗いときに足元が不安でしたが、これで安心。 しかもセンサーで反応し、普段は消えているんです。

白い砂利を敷き詰め、明かりがついたときの感動どんっ(衝撃)

何でもいいから、単純なことにでも心を動かされることの幸せを味わっています。
posted by 宮内 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月22日

高校野球宣誓から学ぶこと!

21日に開幕した第84回選抜高校野球大会の開会式で、選手宣誓した石巻工の阿部翔人主将の全文は次の通り。
「東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には苦しくて心の整理が付かず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて、つらいことです。しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして、笑顔。見せましょう、日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること、それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。今野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々プレーすることを誓います」

日本全国のどれほど多くの方が、この宣誓に心を打たれたことでしょう。
心の底からの思いの全てが心に届き、感銘を受けました。

残念ながら初戦は突破できませんでしたが、逆転したイニングの攻撃には、思わず身を乗り出してしまいました。

感動、勇気、笑顔、正しく正々堂々と戦った姿は立派でした。

校歌の中にもあるように、実践の素晴らしさに感動しました。   
日に新らしき 想いもて
醇乎(じゅんこ)の格(のり)を 築くべし

posted by 宮内 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月20日

釜石市橋上市場の思い出を作詞しました。

2003年のこと。最後の営業を迎えた日のレポートを見て・・・そして変わり・・・そして。
思い出を情歌として作詞をしました。

ニュースを見ながら涙を共にしたのもつい昨日のようです。

「橋の上に組み込まれた形の「橋上市場」(岩手県釜石市)が5日、最後の営業日を迎えた。橋は長さ約109メートル、幅約13メートル。食料品や雑貨などを扱う約50店舗は、撤去が始まる今月中旬までに新店舗への移転などが決まっており、1958年に露天市を原型に誕生した市場が姿を消す。

作詞・釜石情歌(横書き).docx
posted by 宮内 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記