2016年02月27日

毎日母親にはがきを書いています!

昨年9月末から特別養護老人ホームに入居して以来、毎日コミュニケーションと、情報を提供する意味で
母親に「はがき」を書いています。時折、季節の写真を貼付してでしています。
施設にいると外の様子が窓から見えるものしかわかりません。そこで、いろいろとお知らせしています。
母親も大変喜んでくれています。
今日のはがきには、梅に鶯の写真を付けました。20140317163140.jpg
posted by 宮内 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月25日

母親は102歳の誕生日を迎えました!

誕生祝い.pdf大正3年2月23日生まれ。102歳。
どこも悪いところはなく、極めて顔色もよく元気で明るい。
いつも笑顔を絶やさない!
いつも気遣うことを忘れない。
いつもありがとうを繰り返す。
だから長生きなのかな。死ぬことを忘れてしまったよと言っている。
生きているだけで、どれだけ多くの人に勇気を与えていることでしょう。
102歳の誕生祝いを2月20日に行いました。


posted by 宮内 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

幼稚園で教員体験をしました!

幼稚園で臨時教員体験しました!
昨年も同じ時期に、孫の通う同じ幼稚園で体験しましたが、あれから一年、子供たちは大きく、逞しく、
賢く成長していました。その日は一日、オジサン先生でした。
短い時間、楽しい体験をしました。驚いたことにラブレターをくれた女の子もいました。
大学の、教職課程の教育実習を思い出しました。
あの頃は年齢もずっと、若かったしそれもありかなって感じ。でも今になっても、戴くなんて気分はいいものですね。
子供たちと遊ぶ中で感じたことは、親たちの子供と接する時間が少ないのかなってことでした。触れ合うことに子供たちが意外と飢えているのかなって感じました。
親が、親としてというよりは、子供と一緒になって、遊ぶ時間が大切なのではないでしょうか。特に父の。

今になって、解ることかもしれないけど・・・・。、
posted by 宮内 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月23日

久し振りにブログを書いてみたくなりました。

久し振りにブログを書いてみたくなりました。
2月25日は結婚記念日です。
今年一月に宮崎高千穂に行ってきた思い出をデザインしたマグカップを作ってみました。
配置イメージ2.jpg
posted by 宮内 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月08日

今度は確実でしょう!

6月17日(火曜日)NHK歌謡コンサートで長山横洋子さんが新曲「恋の津軽十三湖」を歌います。
歌謡コンサートは生放送です
今度は大丈夫です。

6月6日に前橋市のベイシア文化ホールで行われた「ふたりのビッグショー」で不思議な場面を体験しました。
誰が歌っても、どの歌を歌っても、歌手が一番(1コーラス)歌ったあとで必ず拍手がありますが、それが「恋の津軽十三湖」に限り、全くなかったのです。2000名を超える観客でした。
観客の一人ひとりが本当に耳を澄まし、心を澄まし、ドラマにの中に引き込まれていた感じです。フルコーラスが終わったとたんに会場が割れんばかりの大拍手の嵐でした。

こんなのはじめてでした。

拍手って何でしょう? 

三味線澤田師匠の津軽弁での物語のナレーションには、心が打たれました。

それがよかったのでしょうか? でも、心の底から観客が心を魅了した瞬間でした。嬉しかったです。


posted by 宮内 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月12日

5月12日 今日は私の誕生日

記念すべき誕生日、久しぶりにブログを書いてみました。

母が100歳を超え、元気に過ごしている姿を見るにつけ、命の尊さ、大切さを感じます。
この母に、育てていただいたことを、心から感謝しています。

先日久喜市の写真家林さんに撮影していただいた母の記念写真の中に、100歳の両手だけの写真がありました。涙が出て仕方がありませんでした. 時を刻んだ母の手に感謝です。

長生きさせてあげたい気持ちでいっぱいです。

真っ赤なカーネーションを母の日に送ることができ、新曲を聞かせてあげることができたことは、有難い限りです。
posted by 宮内 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新曲「恋の津軽十三湖」

__.JPG

2014.5.28.新たなる津軽伝説が蘇ります!

「恋の津軽十三湖」(唄 長山洋子 作詞 宮内たけし 作曲 平川竜城 編曲 伊戸のりお)が発売されます。 発売前から、凄い反響です!

この曲が誕生するまで、出会いが全てであります。
多くの方がたの、思いがひとつになって、力となって、旋風となって、大きく動き始めたのです。

聴けば聴くほど、歌えば歌うほど、知れば知るほど、感動が湧き出てくるのは、作品に秘められた不思議なパワーがあるからです。それは、人としての、人の思いの集積だからでしょう。

もう現地に訪ねていかれた方もいらっしゃることを知り、一昨年晩秋、妻と一緒に取材旅行で十三湖を訪ねたことを思い出しました。 五所川原の長円寺のご住職とお会いした時間が不思議でなりません。

5月8日 テレビ東京「木8コンサート」での新曲披露は、想像を大きく上回る反響でした。

NHK歌謡コンサート(5月20日) NHKのど自慢(7月6日)の出演が楽しみです。

感謝の気持ちでいっぱいです。 歌ってみてくださ、聴いてみてください!

posted by 宮内 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月04日

早めの行動が全てを好転!

正月で、戌の日7で、沿線火災といろんなことが重なった一日でした。

朝7時前から、水天宮の混雑を予測して、やや早目に行動開始。
すべてが順調に行きました。

浅草寺への参拝も信じられないほどの空き用で、仲見世も
普段お日よりも、ゆっくり歩け参拝もできました。

ところが昼近くになると、仲見世通りは一方通行、雷門の前は歩行者天国に変わり
それにも増して沿線火災でJRが麻痺、振替輸送で地下鉄が大混雑。数時間前とは全く別風景でした。

そんな中、全てを逆目に、昼過ぎには帰宅できたことはすごいことでした。

何事も、早め早めの行動が先手必勝の結果を引き寄せることを体験しました。

娘の戌の日の祈願も無事でき、4歳の孫の望夢君は電車に乗れて発車メロディーに夢中。

最良の一日でした。でも少しだけ。疲れました。(本音です)

posted by 宮内 at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月02日

年賀状を早めに出すメリット!

年賀状をを早めに12月15日に出すと、突然の訃報には対応できませんが、
住所の転記間違い、受取人の移転など、修正して投函しても十分に元日配達に
間に合うことがわかったのです。

なんでも余裕(よ・ゆ・う・・・)が大切なんですね。

喜びを倍にする方法わーい(嬉しい顔)

今年も年賀状のお年玉抽せん番号に切手でも当たったら
差出人に、幸運を感謝して、切手をそのままプレゼントしよう。

喜びをシェアすることで、喜びを何倍にもすることができるみたいですよ。

その時に、当選番号の入った面をカラーコピーして、差出人の記載が宛名書きのところにない場合は
両面のコピーにしたほうが親切でしょう。
posted by 宮内 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月01日

2013.12月登別温泉で牡鹿を発見!

めったに見られない光景だそうです。
新春のプレゼントにしますね。

1387064382797.jpg
posted by 宮内 at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

明けましておめでとうございます。

img001.jpg

新年明けましておめでとうございます。
今年の年賀状です。
posted by 宮内 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月31日

今年もカウントダウンが始まりました。

2013年が残り1日を切ってしましました。
早いものですね。
振り返ってみれば、歌手の長山洋子さんが私の作詞の曲を歌っていたけるまでの、
貴重な体験の一年でした。

まさに奇跡が起きるまでの一年でした。

2014年、年明け早々にレコーディング、5月発売が決定しました。曲目は「恋の津軽十三湖」
作・編曲は平川多雨城さんです。

楽しみです。 多くの方がたの支えがあっての誕生です。

みなさんの応援をよろしくお願いします。

私の母も2月で満100歳になります。

母の詩を書きました。
母ありて.doc
posted by 宮内 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月20日

やっと手に入れることができます!

fumiyabunguten_7001-ch-wt.jpg

ずっと、ずっとほしかったものです。
いつも品切れ。

やっとあったと思えばサイズがなし。

でもOKでした。 届くのが楽しみです。

かわいい孫のためなら・・・・。

019.jpg 012.jpg

022.jpg 008.jpg

幼稚園の制服を着て夢を膨らませています。

posted by 宮内 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月07日

七草粥を食べました。

春の七草の覚え方

せりなずな、 ごぎょうはこべらほとけのざ、 すずなすずしろ、 これぞ春の七草

秋の七草の覚え方
はぎききょう、 くずおみなえしふじばかま、 おばななでしこ、 これぞ秋の七草

七草粥 の 由来 は、もともと中国の風習だったそうで

「七日正月」と言われていた中国では、
お正月の7日後がひとつの節目となっていたため

七種類の野菜を汁物で食べると
邪気を祓えるという意味から、七草を汁物で食べていたそう。

日本には、その風習が平安時代に伝来して
汁物からお粥へと形を変えて
今に受け継がれてきた風習なんだそうです(^^)


七草粥 は、邪気を祓う!ということで、

七草粥 に入っているこれらの 春の七草 には
それぞれ、以下のような意味が。
▼七草粥 の「春の七草」の意味


せり → 競り勝つ
なずな → 撫でて汚れを除く
ごぎょう → 仏体
はこべら → 繁栄がはびこる
ほとけのざ → 仏の安座
すずな → 神を呼ぶ鈴
すずしろ → 汚れのない清白

4250607976_b2efe2648c_o.jpg

ちょっと目の向け方を変えるだけで、いろんなものが見えてくるものですね。
posted by 宮内 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月06日

本物と偽物、見掛けと中味!

2193501535_c2c8383a68.jpg おせち~1.JPG

美味しそうな「おせち」のお重です。 もう見るのもいやでしょうか?

今年もいつものように「おせち料理」の3段重を用意し、みんなで楽しむことができました。

ふと、思ったことがありました。 

それは、こんなに高い値段のお重は、自分で盛り合わせればもっと安くできるはずだと・・・・

早速それなりのものを用意して、空になったお重に盛りつけました。

出来栄えは最高です! 値段? それはそれは安くできました。

今年の年末は私が少し頑張って「おせち料理」の盛り合わせをやろうと、頭をよぎりました。

ところが・・・大変な学びをしました。

確かにきれいに盛り付けられ、美味しそうに完成していました。

ところが、そこの並べられたのは、製造元が違う、味付けも違う、正にばらばらの統一性のないお重でした。

物は見栄えだけで判断してはいけないことに気がつきました。

だって、届けられたお重は、その店の信頼にかけて作られた、心のこもった美味しさがつめられていたおとにやっと気がついたのです。

本物と偽物、見掛けと中味の違いを学んだのです。
人でもそうですね。 上辺を飾っていても、中味がなければ只の人。おせち料理に込められた職人の思いに感謝しなければいけないことを学びました。

これも、やってみて初めて気がついたことですね。

何でも、やってみればだめなことも学びとしてあるんですね。

「気づきには、気づきに気づく、気づきあり、気づきを磨く 目覚めの気づき」 宮内たけし

IMG_0001.jpg
posted by 宮内 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月05日

大学箱根駅伝も終わりました!

わが母校中央大学は残念でしたもうやだ〜(悲しい顔)

大学駅伝はどんなドラマが待っているか予想ができないのが不思議です。

山登りあり、山下りあり、向かい風あり、追い風あり、襷をつなぐげないこともあり、

最高の布陣で臨んでも、体調の急変もあり、まさに人生のドラマのような気がする。

中央大学の途中棄権を誰が予測したでしょう。

でも考えるに、日本体育大学が30年ぶりの感激の裏には、悔しさをバネにした感動がありました。

「過去は変えられないけど、過去の対する考え方次第で、過去は大きな力となる」

「これがよい! 

途中棄権も、当然のシード権逃しも、すべてこれがよいのである。

人生すべて、これがよいと受け止めよう。

きっといいことがある。
posted by 宮内 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月03日

宝持寺で座禅を体験しました!

鴻巣市倫理法人会では毎年恒例の座禅会が宝持寺で行われました。

021.jpg 高橋副会長の挨拶

早朝5:00から本堂の清掃(雑巾がけ)を行い、そのあと
座禅、モーニングセミナー、講話と今年初めてのセミナーに参加。

身を切るような朝の冷気の中、さわやかな感じでした。

30名の男女が参加。 大成功でした。

023.jpg 馬場住職の講話

posted by 宮内 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月02日

3歳の孫に教えてもらったこと。

フィットとフィットシャトルの見分け方

HONDAのフィットとフィットシャトルの区別を孫に聞いてみました。
フィットシャトルは長さも長い、高さも高い、フロントライトの一部が違う、それに彼の持っているトミカの車だとテールライトの色が違うという。

何度聞いてもどっちがどうかわからなくなってしまうのは××のせいかな?

その違いがわかったので孫に教えてあげるため写メ添付で娘に送った。

大人気ないかもしれないけど・・・



テールライトの色は赤のもあるからそこは違うからを教えてあげた。

でも、彼の持っている車では色が違うからどう娘が説明するのかな?

他は彼の言うとおり正しいからビックリ。

違いの理由は・・・・

セダンタイプからワゴンタイプへの変化。

だから、後輪から後ろの長さが違うのがはっきりわかる感じかな?

2_o.jpg

2_o1.jpg

でも、車に関してはほとんどメーカーからネーミングまで瞬時にわかるから、彼には頭が下がるよ。

posted by 宮内 at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月01日

天恵の詩(うた)(佐沼・長沼・伊豆沼讃歌)

宮城県登米市の作詞を紹介します。

天恵の詩.docx
posted by 宮内 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

明けましておめでとうございます

今年の実践目標パスワード

健康第一とよく言うけれど、健康管理にはどうすればいいのでしょうか?

不摂生をしないとか、睡眠時間とか、自分を大切にとか・・
いろいろ言うけれど、すべての健康の源は「明朗」でしょう。

いつでも、どこでも、笑顔わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)

明るく、楽しく、振舞うことではないでしょうか。 

今年一年、一番難しい目標にチャレンジします。だって、一分一秒も曇らせてはならない・・実践です。

次に昨年に続いて「捨てることの実践」に第2弾チャレンジします。

倉庫の中の物を思い切って捨てます。

昨年の実践結果

思い切って庭を片付けました(信じられない・・燃やせないゴミの袋大40袋)・・その結果プレゼント

作詞活動の上で大きな変化が出ました。

1.復興記念応援ソング「こころはひとつ」が注目を浴びました。
  山梨県のゴルフ場で福島県の子供たちとの交流活動で感動の披露をしました(参加者400名)

2.埼玉県鴻巣市常光の「夏祭り10周年記念ソング」の作品が完成しました。

3.黒羽三郎(歌手)の30周年記念歌「この道を行く」の作詞作品が完成しました。

4.北本市「菜の花祭りテーマソング」「菜の花日和」作詞作品が完成。今年の菜の花祭りで披露されま   す。

5.埼玉県倫理法人会設立30周年記念ソング「Just Do It」作詞作品が完成。
  今年の賀詞交換会、30周年記念行事等で披露されます。

6.真 唯林(歌手:マ ユリン)へ新曲作詞依頼あり・・2曲提供

7.新曲津軽テーマに新作作詞デモ曲完成、

8.カップリング曲新作作詞デモ曲完成、

9.美容学校効果作詞依頼 作詞完成

10.宮城県登米市の町おこし作詞依頼 作詞完成

捨てれば本当に入ってくる。 倫理の実践体験を通して偉大なる「真理」と触れ合うことができました。


倫理は真理. 今年も「ただやればいい」「これがよい」の実践に取り組みます。
posted by 宮内 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月05日

我が家の庭が花盛りです!

 先ず小人がやってきました
CIMG3964.JPG 

CIMG3963.JPG

CIMG3962.JPG

CIMG3941.JPG

CIMG3940.JPG

CIMG3939.JPG

CIMG3938.JPG

CIMG3931.JPG
火鉢が植木鉢に変わりました!
CIMG3967.JPG
白いツツジが7分咲き
CIMG3970.JPG
「グラバー邸のバラ」が今年も咲きました
CIMG3969.JPG
金木犀の新緑が見事です
CIMG3966.JPG
ピンクのツツジも7分咲きとなりました
CIMG3974.JPG
みかんの花がもう少しで咲きだします

これから赤いバラ、ピンクのバラが咲きだします。

今年は来年に向けて「つるバラ」を3種類新しく植えました。多分来年は見事に咲き乱れることでしょう。今から楽しみです黒ハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート

家庭倫理の会鴻巣市「おはよう倫理塾」で5月29日(火)am5:00から鴻巣市「富永会館」で
菅谷いみ子専任講師の話があります。

その時に私が実践報告をいたします。 是非お出かけください。

exclamation×2
IMG.jpg


posted by 宮内 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月23日

倫理は楽しい! 苦難は試練! 必ず試される!

家庭倫理鴻巣市おはよう倫理塾に皆勤が続く中、昨年末に365日を前に
ぎっくり腰で試された。

でも無事乗り越えた。

来月5月3日で500日達成が近づくと、今度は足首を痛めた。

何が原因か判らないけれど、とにかく歩行が大変!

でも、歩けないことはない。 あとは意志の強さである。

これも試されている唯一のチャンスと思えばこれまた楽しい。

次はどんな試練があるか、それが楽しみ!

なんて人生って楽しいんだろう!  Great!
posted by 宮内 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月15日

二つの詩が出来ました。 倫理の応援歌 鴻巣市常光の歌

倫理の応援歌(人生の応援歌)を作詞しました。

新ただ ひたすらに(縦書き).docx

鴻巣市常光を作詞しました。

常光・お祭りパラダイス2.docx

 
posted by 宮内 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

倫理とさくらと庭の相乗効果は?

倫理について考えてみました!

倫理法人会ってなんですか?
この質問にどう答えたらいいんだろうかって。

よく納得してもらってから入会していただくようにと言われるけれど、本当に納得して入会する方は沢山いるのだろうか。

私自身解らないままに入会した部類だが、確かなことは入会してよかったと思うこと。

では、その良かったことを伝えればいいのだが・・・。

結論から言えば「経営者のわがまま」を取り去る会かな?

会社において、わがままな自分勝手な自分がいる・・・でも当然だと思っている
家庭においても、わがままな自分勝手な自分がいる・・・でも当然だと思っている
自分自身においても、わがままな自分勝手な自分がいる・・・でも当然だと思っている

自然現象においても
朝になれば日が昇る・・・当たり前
春になれば桜が咲く・・・当たり前
のどが渇けば水が飲める・当たり前

雨が降れば・・・晴れた日が欲しいと言う
風が吹けば・・・穏やかな日が欲しいと言う
寒い日は・・・・暖かい日が欲しいと言う
暑い日は・・・・涼しい日が拉いと言う

大切なものは感謝の心だろうね。

挨拶をしなくても・・・暮らして行ける
後片付けをしなくても・・・暮らして行ける
掃除をしなくても・・・・・暮らして行ける

でも、挨拶をされればいい気持になりませんか?
でも、きちんと整理されたところは気持ちよくありませんか?
でも、汚れているよりきれいな方が気持ちよくありませんか?

だったらやらないよりはやった方がいいよね。

よりこころ豊かに暮らすために、少しだけわがままを取ってみませんか?

自分自身の「わがまま」を取る、誰にでもできる方法を学ぶことかな?

自分の「わがまま」を取ると、自分が変わる。

自分が変われば見方が変わる。 捕えかたが変わる。 そして 周囲が変わる。

「経営者としてのわがまま」を取り去るとき、自分が変わる。そして、周囲が変わるのかもしれない。

そうすれば、そこに幸せな家庭、会社を築く基があるのかもしれない。

ならば、納得して入会してみようということになるのかもしれない・・・。

十人十色、決してそう簡単にいかないところに面白味があるのでしょう。

私の独り言でした。

今年のさくらは今まで以上に見事でした

ツアーで東京のさくらを鑑賞してきました。

CIMG3846.JPG
東京タワーとさくら(2012.4.7)
CIMG3849.JPG
芝増上寺とさくら
CIMG3850.JPG

DSC_0003.JPG

庭が最終段階に入りました1
CIMG3904.JPG
小人も雰囲気をつくってくれました。
CIMG3902.JPG
小人も雰囲気をつくってくれました2




posted by 宮内 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月01日

福島県の方々と交流を図りました。 「こころは一つ」の歌が大好評でした。

3月31日(土)山梨県北杜市ヴィンテージゴルフ倶楽部で地元のロータリークラブとのコラボが行われ、雨の中ヴィンテージカー車(セダン)車(セダン)の集結、東日本大震災復興応援歌(作詩宮内たけし、作・編曲平川樹竜城)と福島県の被災された方々約200名をお招きして楽しいひと時を過ごしました。

本当に「こころが一つ」になった瞬間でしたるんるんるんるんるんるん

CIMG3744.JPG
舞台となったヴィンテージゴルフ倶楽部
CIMG3766.JPG
宮内たけしが歌唱指導
CIMG3765.JPG
みんなで歌いました
CIMG3824.JPG
楽しかった交流を終えて笑顔で撮影、作曲家の平川先生も一緒に!
CIMG3782.JPG
上田桂司先生の演奏に子供たちも集まってきました

当日参加されたヴィンテージカーの一部を紹介しましょう。

雨雨雨雨の中、中にはオープンカーもありびっくりexclamation×2
CIMG3786.JPG

CIMG3807.JPG

CIMG3789.JPG

CIMG3819.JPG

CIMG3814.JPG

CIMG3816.JPG

沢山の参加者が地元の方との交流を深め、ヴィンテージカーとの出会いに感動して帰りました。

私もみんなのお役にたてて本当に良かった。作詞の思いが人々の心に生きる勇気を与えることが出来たこと、共に笑顔で明日に向かって誓い合鵜ことが出来たことの意義に感無量でした。

これもヴィンテージの江尻常務と過去の出会いが心を結ンだことかもしれません。、関係者の方々の思いが一つになり、それに微力ながら協力ができたことに、只々感謝です。

家内も同行し、久しぶりに感動を共にしました。 人生頑張うexclamation×2

もう一度「こころは一つ」の歌るんるんるんるんるんるんをお聴き下さい。



こころは一つ.docx



 
posted by 宮内 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月28日

ジャンボハンバーグを作りました!

大きなジャンボハンバーグです。

1332871254021.jpg
220度のプレートに乗せたところ
DSC_0005.JPG
特製のたれをかけて160度で6分〜8分(大きさによって異なります)蒸します。
1332870254417.jpg
完成したジャンボハンバーグexclamation×2

直径16〜17p、厚さ4p〜5p それでもきれいに焼き上がります。

レシピー?

材料 合挽き肉     300〜400g
   玉ねぎ          1/2個
   人参            30g
   卵              1個
  
  A パン粉         1カップ
    塩、こしょう、ナツメグ   適宜
  
  B トマトケチャップ    1カップ
    ウースターソース   1/4カップ
    みりん        1/4カップ
    しょうゆ        小さじ1
    砂糖          大さじ1
    こしょう、ナツメグ     適宜
    おろし玉ねぎ      1/4個分 

作り方?   
    1.玉ねぎ、人参は、みじん切りにする。
    2.合挽き肉と溶き卵、1とAを滑らかになるまでこねて、一つにまとめる。
    3.プレートの温度を220℃にセットし、2のハンバーグを焼く。
      焼き色がついたら、ひっくり返して蓋をし、温度を160℃、調理時間2分とする。
    4.Bの玉ねぎをすりおろし、Bの他の材料と混ぜる。
    5.時間がきたら、蓋を開け4を一度に流し入れ、再び蓋をして6分〜8分蒸し焼きする。
    6.以上で完成。  ソースをからめながら食べるといい。
      ◆合挽き肉は比較的脂の少ないものを使う。
posted by 宮内 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月26日

頑張ろう日本応援歌「こころは一つ」を自分で吹き込んでみました。

3月31日に山梨県ヴィンテージゴルフ倶楽部で歌唱指導します。



一人でも多くの方の心の支えになってくれたら、こんなにうれしいことはありません。

このような歌唱指導のチャンスをいただいたことに感謝いたしまするんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
posted by 宮内 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

庭が変わりました1

小さな庭も、こんなに変わりました。
DSC_0034.JPG

と言っても、以前の状況がわからないと、変わりようがわかりませんよね。

ただ、暗いときに足元が不安でしたが、これで安心。 しかもセンサーで反応し、普段は消えているんです。

白い砂利を敷き詰め、明かりがついたときの感動どんっ(衝撃)

何でもいいから、単純なことにでも心を動かされることの幸せを味わっています。
posted by 宮内 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月22日

高校野球宣誓から学ぶこと!

21日に開幕した第84回選抜高校野球大会の開会式で、選手宣誓した石巻工の阿部翔人主将の全文は次の通り。
「東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には苦しくて心の整理が付かず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて、つらいことです。しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして、笑顔。見せましょう、日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること、それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。今野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々プレーすることを誓います」

日本全国のどれほど多くの方が、この宣誓に心を打たれたことでしょう。
心の底からの思いの全てが心に届き、感銘を受けました。

残念ながら初戦は突破できませんでしたが、逆転したイニングの攻撃には、思わず身を乗り出してしまいました。

感動、勇気、笑顔、正しく正々堂々と戦った姿は立派でした。

校歌の中にもあるように、実践の素晴らしさに感動しました。   
日に新らしき 想いもて
醇乎(じゅんこ)の格(のり)を 築くべし

posted by 宮内 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月20日

釜石市橋上市場の思い出を作詞しました。

2003年のこと。最後の営業を迎えた日のレポートを見て・・・そして変わり・・・そして。
思い出を情歌として作詞をしました。

ニュースを見ながら涙を共にしたのもつい昨日のようです。

「橋の上に組み込まれた形の「橋上市場」(岩手県釜石市)が5日、最後の営業日を迎えた。橋は長さ約109メートル、幅約13メートル。食料品や雑貨などを扱う約50店舗は、撤去が始まる今月中旬までに新店舗への移転などが決まっており、1958年に露天市を原型に誕生した市場が姿を消す。

作詞・釜石情歌(横書き).docx
posted by 宮内 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記