2012年03月16日

李さん倫理法人会で会員スピーチに挑戦!

皆楽苑(鴻巣市・中華レストラン)の李さんが、スピーチで頑張りましたexclamation×2

DSC_0012.JPG
頑張った李さん手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)

DSC_0011.JPG
その日の朝、見事な太陽が昇りました晴れ晴れ晴れ

子育てセミナーが行われます黒ハート

IMG_0002.jpg

子供の将来は、親の姿そのもの。

今の親の姿は、その親の姿そのもの。

まったく、無垢で生まれた子供が、環境次第、親の思い次第でどうにでも変わるから大変。

道で3才位の子供が、気が狂ったみたいに泣きじゃくっていました。母親は大きな声で叱っていました。
親が近づこうとすると、子どもは怯えたように後ずさりをしていきました。

そんなに親が、強く見せる必要もないのではないでしょうか。 だって、その子供は不安なときに親の懐に飛び込んで、心の安らぎを得たいと思うことはないかもしれないですね。そんな気がしてなりませんでした。

歩行者の信号無視も甚だしいがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

私は信号で車を止め、進行方向の信号が青になるの待っていた時のこと。

年のころは60〜75才?の14,5人のグループ。 
車が来ていないとはいえ、ぞろぞろと悪げもなく、何の気配りもなく、気遣いもなく、仲間同士誰も諌める人もなく、横断していくではありませんか。その様子を見たとき、開いた口が塞がらないとは正にこのことだと思いました。

これで一丁前のことを言う資格はないでしょう。 

この行動を見た子供たちは、何と思うでしょうか。
車が来ていないとはいえ、全員がわたっていく姿はまさに異常としか思えませんでした。

ああ、嘆かわしい・・・もうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)
posted by 宮内 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54461333
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック