2012年03月03日

水餃子の作り方を学びました!

3月1日鴻巣市にある中華レストラン「皆楽苑」の店長 李さんの料理教室に行きましたわーい(嬉しい顔)

水餃子の作り方exclamation&questionよりも、料理人「李」さんから多くのことを学びました。

謝謝手(チョキ)

料理が出来上がってくるまでの過程を、最初から親切に教わりましたが、お金を払って食べる価値の尊さを学ぶことができました。

作るのが楽しみな人、食べるのが楽しみな人、それぞれの人がいるから世の中は成り立っているんだけど、作る人の楽しみは、出来上がったものを食べていただいた時の、歓びの表情、感動の表情が最高の喜びになるんでしょうね。

それと同時に、作る人の心の在り方、思いの程、明るさ、笑顔が料理に反映されていくことは言うまでもないことでしょう。

李さんの、料理に取り組む姿勢から、料理人の心意気、思いの大きさを熟練した技の中からを学びました。

李さんの、笑顔が、思いが、「皆楽苑」の味になているんだね。

店は、お金をかけて豪華にしても、お店の料理、サービスが良くなければ、台無しだと思いませんか?

今、李さんは倫理法人会に入会し、人として生きる法則(すじみち)を「万人幸福の栞」を通して、また、新しい出会いの中で、多くの友と、お店の繁栄に向けて学んでいます。

その前向きの姿勢、実践が人々を感動わーい(嬉しい顔)揺れるハートわーい(嬉しい顔)揺れるハートさせ、多くの人を引き寄せてくるでしょう。

私は、そう信じていますexclamation×2

私も、素晴らしい方と出会えて最高に幸せですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

CIMG3689.JPG
李さんの笑顔の素晴らしさはそのまま人間味、料理の味、お店の味、に反映されています!
CIMG3688.JPG
当日の教室の面々です。
CIMG3690.JPG
みんなで作った水餃子が、おいしくゆで上がってきました
CIMG3693.JPG
試食会です。売り物にはならないけれど味は最高!!

わーい(嬉しい顔)謝謝わーい(嬉しい顔)謝謝わーい(嬉しい顔)





posted by 宮内 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54269073
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック