2012年03月22日

高校野球宣誓から学ぶこと!

21日に開幕した第84回選抜高校野球大会の開会式で、選手宣誓した石巻工の阿部翔人主将の全文は次の通り。
「東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には苦しくて心の整理が付かず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて、つらいことです。しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして、笑顔。見せましょう、日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること、それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。今野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々プレーすることを誓います」

日本全国のどれほど多くの方が、この宣誓に心を打たれたことでしょう。
心の底からの思いの全てが心に届き、感銘を受けました。

残念ながら初戦は突破できませんでしたが、逆転したイニングの攻撃には、思わず身を乗り出してしまいました。

感動、勇気、笑顔、正しく正々堂々と戦った姿は立派でした。

校歌の中にもあるように、実践の素晴らしさに感動しました。   
日に新らしき 想いもて
醇乎(じゅんこ)の格(のり)を 築くべし

posted by 宮内 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記