2010年03月10日

春の雪が降りました!

077.JPG
yuki2.JPG

今年は、これが最後の雪かも知れませんね。

雪はすべてのものを一瞬のうちに隠してしまいます。
でも、それは表面だけのことであり、雪が溶ければその実態というか、本体というか、すべて醜いものが現れます。

もし、雪が溶けて、本体まで美しくなっていたら凄いことだなって思ったりしてしまいます。

やらなければいけないことは、表面を変えるのではなく、本体から自分自身を変えなければならないことでしょう。

もしも本が変わって、雪のように純白な穢れのない姿になればこれこそ本物でしょうね。

雪を見ながらこんなことを考えてみました。
posted by 宮内 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記